就労履歴登録システム運用の概略

IDカード発行とデータ登録(事前準備) 

・ 建設技能者個人(または代行者)が、(仮称)就労履歴管理センター(以下センターと呼ぶ)に就労履歴カードの発行申請を行う。申請時には、顔写真の提供と個人情報(保有している資格や免許,職業訓練・技能講習受講歴など)をあわせて申告する。

・センターは、申告された情報の真正性を確認した上でシステムに登録し就労履歴カードを発行する。

・雇用企業(専門工事業者など)は雇用している技能者をセンターに登録申請する。

・元請企業は、工事が始まる前に、現場の概要情報をシステムに登録する。

就労履歴の登録(入退場管理)と活用

 ①建設技能者が就労履歴カードを現場設置のカードリーダーなどにかざして、日々の入場時刻,退場時刻を登録する。読み取られた入退場時刻データは、就労履歴管理センターのサーバーにインターネット経由で送信される。就労履歴カードに保管されている情報はID番号のみでその他の情報はすべてセンターに保管される。

② 資格・免許発行機関と連携し、新規に獲得した資格などの情報は自動的に更新される。(計画)

③ 保管されているデータを、技能者本人、雇用企業、元請企業は権限に応じて閲覧・利用する。退職金保険金などを取り扱う外部団体に就労履歴データを提供する。

④ 建設技能者が、提供されたデータに基づき退職金、保険金を受け取る。(計画) unyounosikumi

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人就労履歴登録機構 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.